American airlines

アメリカン航空のブランドアンバサダーにMIYAVIが就任

アメリカン航空 ブランドアンバサダー MIYAVI

世界でミュージシャンおよび俳優として活躍するMIYAVIが、アメリカン航空のブランドアンバサダーに。

MIYAVIは、アメリカン航空ハブ空港の一つがある米国カリフォルニア州ロサンゼルス在住です。「サムライ・ギタリスト」とも呼ばれているMIYAVIは、世界中を飛び回り、音楽活動やハリウッド映画を含む数々の映画に出演し続けています。アメリカン航空は、2020年3月末から羽田−ロサンゼルス線を増便し毎日2便を運航します。また、ハリウッド関係者に選ばれている航空会社でもあることから、今回起用に至りました。

MIYAVIに日米間および米国内間の移動でビジネスクラス「Flagship™ビジネス」を提供し、アメリカの各空港のプレミアムラウンジ「Flagshipラウンジ」、成田国際空港の「Admirals Club®」、羽田国際空港では日本航空のラウンジを利用いただきます。

今後、MIYAVIはアメリカン航空の様々なイベント、プロモーションやキャンペーンに参加する予定です。また、MIYAVIのソーシャルメディアでもアメリカン航空での体験を発信する予定です。

アメリカン航空がオフィシャルパートナーでもある、第32回東京国際映画祭(TIFF)の初日10月28日には、MIYAVIも登場予定しているほか、アメリカン航空の客室乗務員と一緒にレッドカーペットを歩く予定です。

アメリカン航空 × 東京国際映画祭 スペシャルサイトはこちら


MIYAVI プロフィール

エレクトリックギターをピックを使わずに全て指で弾くという独自の“スラップ奏法”でギタリストとして世界中から注目を集め、これまでに約30カ国350公演以上のライブと共に、7度のワールドツアーを成功させている。

現在アメリカを皮切りにヨーロッパ、アジアをまわる8度目のワールドツアー中のMIYAVI。7月24日には3年ぶりのオリジナルアルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』を全世界で発売。発売日にはドジャースタジアムで行われた大リーグ始球式での国歌演奏で観客を魅了し、日本、アメリカにて話題騒然となった。

アンジェリーナ・ジョリー監督映画「Unbroken」(2016年日本公開)では俳優としてハリウッドデビューも果たした他、国内では「BLEACH」「ギャングース」、国外では「コングー髑髏島の巨神」「マレフィセント2」(2019年10月18日、日米同時公開)への出演、モデルとして、Yohji Yamamoto, Y-3、最近では、Moncler BEYOND ワールドワイドキャンペーンに抜擢されるなど、各方面でも注目を集めている。

映画『Mission: Impossible ‒Rogue Nation』日本版テーマソングのアレンジ制作、HONDA コマーシャル楽曲、SMAPへの楽曲提供をはじめ様々なアーティスト作品へ参加するなど、国内外のアーティスト/クリエイターから高い評価を受けている。

2017年にはUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の大使に就任。

常に世界に向けて挑戦を続ける“サムライ・ギタリスト”であり、ワールドワイドに活躍する今後最も期待のおける日本人アーティストの一人である。

MIYAVI 公式WEBサイト:http://myv382tokyo.com